ブログ

現場スタッフ募集中!未経験者も大歓迎!!

こんにちは!
埼玉県越谷市を中心に関東一円で防水工事・外壁改修工事を手掛けているTi-PROOFです。

求人情報のお知らせ

弊社では現在、防水工事・外壁改修工事の現場スタッフの募集を行っております。
経験者の方だけでなく未経験者の方も大歓迎いたします!

未経験の方でも学ぶ意欲さえあれば大丈夫です!
弊社は設立して2年目とまだまだ成長途中の会社ですのでともに成長していきましょう!
将来の幹部候補として一緒に会社を形作っていこうと思っています。

経験者の方は経験・能力を考慮して優遇しております。
即戦力としてともに弊社を引っ張っていってくれる方を歓迎いたします。

まだ若い会社ですが雇用保険、労働災害保険や諸手当など福利厚生もしっかり整えております。
大手企業さまより比較的自由に働ける環境で中心メンバーとして働いてみませんか?

ご興味お持ちいただけましたら求人情報で募集要項をご確認の上、是非ご応募ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

施工例

こちらは階段の防水工事です。

古くなり見た目が悪いのと滑りやすくなって居たため防水層の改修と滑り止め金物の設置です。

人が歩く床面もトップコートに滑り止めの砂を入れ安心してご利用頂けるようになってます。外壁の注入工事。

専門の職人が打診調査を実施し躯体とモルタルの間に隙間がある場所や肌分かれを起こしてる場所を検査して穴を開けます。

穴に写真のような道具を使いエポキシ樹脂を注入し隙間を埋め今後の崩落を防ぎます。外壁の欠損補修。

躯体とモルタルが肌分かれを起こし部分的に崩落、崩落しそうなところを取り除き平滑処理する作業です。この後塗装して補修した箇所がわからないようにするため周りと段差を出さず平滑に仕上げるように注意してます。今回はごく一部を紹介させて頂きましたが当社では防水工事、外壁下地補修などで様々な工法を用いてお客様のニーズに応えられるよう努力しております。

自宅のベランダを○○したい!

予算が不安だから安く済ませたい…等

ご相談いつでもお伺い致しますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

日立市Hビル

以前施工させて頂きました日立市の屋上改修工事の状況です。

写真を見てもわかるように建設当初は綺麗だった塗装や防水層も10年と年数が経つとこのように劣化してしまいます。床部分も至る所が変色し見た目も劣化してしまっています。カチオンというモルタルの下地調整材を塗っていきます。

これを塗ることによって下地の細かい段差やひび割れ等を埋めて調整出来ます。床部分も同じように塗っていきます。

かすれなどがないように均一の厚みで塗っていきます。カチオンが乾燥したらプライマーを塗布していきます。

プライマーは下地と防水層の接着を担っていますのでこれも掠れ等無いように床部分も同じように…

床部分は特にムラになりやすいので慎重に塗っていきます。プライマーが乾燥したら端部などをシーリングを使い処理していきます。

既存のシーリングは劣化して切れてしまうので撤去し新しく打ち替えていきます。下処理が終わりましたのでウレタンを塗っていきますがここでメッシュを貼ります

メッシュというのは防水層の強度を高める為の物でこれを貼ることによって耐久年数が大幅に上昇します。シワになりやすいのでウレタン材で馴染ませながらヘラなどで伸ばしながら貼り付けていきます

ウレタン材は乾燥するのに時間が掛かるのでメッシュを貼り終わった時点でこの日の作業は終了です。翌日材料が完全に乾いたのを確認してからウレタンを塗り重ねていきます。

メッシュの上から2回同じ様に塗り重ね防水層の厚みを確保します。

この時段差や液だれが無いように均一にヘラなどを使い平らにしていきます。床部分も同じ様に塗り重ねていきます。

防水層の厚みはメッシュ入りで3ミリ、無しで2ミリを目安に塗っていきます。

床材は液だれを起こしやすいので慎重に…完全に固まったのを確認して最後の段階へ…

ウレタンの防水層を保護するためのトップコートを塗布していきます。

仕上げ塗りになるのでゴミ等入らない様に注意しながら塗布していきます。床部分も塗布し完成形になります

艶も戻り水も弾く様になりました。

ここまでで5日間工程ごとに乾燥時間が発生するので若干日にちは掛かってしまいますが比較的安価で見栄えも綺麗な物なので改修に選ばれやすい仕様になります。今まで紹介させて頂きました物件でも都内から茨城と関東全域での発注を承らせて頂いております。

改修でお困りの方雨漏り、ベランダ等の劣化その他多種にご相談お待ちしていますので是非お気軽にフォームよりご連絡くださいませ。

新宿区Dマンション防水工事

過去に施工させていただきましたマンションの屋上の改修工事になります。

既存の防水が塩ビシートという防水シートになっており、汚れが取れやすくメンテナンスが容易と言う反面改修時に他の防水が接着しづらいというデメリットがございます。

まず通常のウレタンプライマー(接着材)では接着が弱くすぐ剥がれてしまうので専用のプライマーが御座いますのでこのプライマーを塗布 床部分にウレタン防水材を均一に塗り広げていきます。

この際ある程度の厚みを付けなければ防水層としての能力が弱まります。写真の順番が逆になってしまいましたがプライマー乾燥後元の排水口を鉛の改修用ドレンを用いて設置致します。

この際鉛と下地で別れてしまいますので取合い部にメッシュ(補強布)を貼り施工後の破断を防ぎます。床部分のウレタン防水材塗布2回目の様子です。

防水層を塗り重ねることによって破断のリスクの低減、防水層の防水性の能力上昇に繋がります。トップコートの塗布状況です。

トップコートとは下に塗ったウレタン防水層を陽の光や雨様々な要因から防水層を保護する役目のある仕上げ塗り材です。

これにより色、表面の艶を出し防水層を完成させます。施工完了後の写真です。

元々あったシートの段差等フラットになり新築時の様な色や艶が蘇りました。このようにウレタン防水材は下地の色々な場面に対応し美観も保てる比較的安価な工事のしやすい物になっております。

当社ではご相談やお見積もり等お気軽に承っておりますのでご自宅の修繕等気になること御座いましたらフォームよりご連絡下さいませ。

お客様のニーズを第一に考えての御提案をさせて頂きます。

施工案件1

過去に施工させて頂きましたN様邸バルコニーの防水改修工事です。

施工前既存防水層撤去

通気緩衝シート敷きウレタン防水材塗布トップコート、施工完了
要所での写真ですが実際にはこれの倍以上の工程を掛け作業させて頂いております。

今回は水漏れが起きているとのことでの作業でしたが写真の通りベランダなど見た目が良くなり気持ちよくお使い頂けるようになります。

水漏れ、防水層の劣化、美観修繕等各種お問い合わせ相談お見積もりなどいつでも承りますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

必ずお客様のニーズに合わせた施工方法などをご提案させて頂きます。

Ti-PROOFのホームページを開設しました。

Ti-PROOFでは、新たにホームページを開設しました。


これまで以上に施主さまにご満足いただける施工を心がけ、スタッフ一同精進してまいります。
今後とも、弊社をご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。


弊社は、埼玉県越谷市に拠点を構え防水・外壁改修工事を関東一円で行なっております。
一般住宅やマンション・ビル・工場などさまざまな建物に対応しており、
大手企業さまからのご依頼のもと年間80件以上の施工を行なっております。

2 / 212

▲TOPへ