ブログ

新宿区Dマンション防水工事

過去に施工させていただきましたマンションの屋上の改修工事になります。

既存の防水が塩ビシートという防水シートになっており、汚れが取れやすくメンテナンスが容易と言う反面改修時に他の防水が接着しづらいというデメリットがございます。

まず通常のウレタンプライマー(接着材)では接着が弱くすぐ剥がれてしまうので専用のプライマーが御座いますのでこのプライマーを塗布 床部分にウレタン防水材を均一に塗り広げていきます。

この際ある程度の厚みを付けなければ防水層としての能力が弱まります。写真の順番が逆になってしまいましたがプライマー乾燥後元の排水口を鉛の改修用ドレンを用いて設置致します。

この際鉛と下地で別れてしまいますので取合い部にメッシュ(補強布)を貼り施工後の破断を防ぎます。床部分のウレタン防水材塗布2回目の様子です。

防水層を塗り重ねることによって破断のリスクの低減、防水層の防水性の能力上昇に繋がります。トップコートの塗布状況です。

トップコートとは下に塗ったウレタン防水層を陽の光や雨様々な要因から防水層を保護する役目のある仕上げ塗り材です。

これにより色、表面の艶を出し防水層を完成させます。施工完了後の写真です。

元々あったシートの段差等フラットになり新築時の様な色や艶が蘇りました。このようにウレタン防水材は下地の色々な場面に対応し美観も保てる比較的安価な工事のしやすい物になっております。

当社ではご相談やお見積もり等お気軽に承っておりますのでご自宅の修繕等気になること御座いましたらフォームよりご連絡下さいませ。

お客様のニーズを第一に考えての御提案をさせて頂きます。

施工案件1

過去に施工させて頂きましたN様邸バルコニーの防水改修工事です。

施工前既存防水層撤去

通気緩衝シート敷きウレタン防水材塗布トップコート、施工完了
要所での写真ですが実際にはこれの倍以上の工程を掛け作業させて頂いております。

今回は水漏れが起きているとのことでの作業でしたが写真の通りベランダなど見た目が良くなり気持ちよくお使い頂けるようになります。

水漏れ、防水層の劣化、美観修繕等各種お問い合わせ相談お見積もりなどいつでも承りますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

必ずお客様のニーズに合わせた施工方法などをご提案させて頂きます。

Ti-PROOFのホームページを開設しました。

Ti-PROOFでは、新たにホームページを開設しました。


これまで以上に施主さまにご満足いただける施工を心がけ、スタッフ一同精進してまいります。
今後とも、弊社をご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。


弊社は、埼玉県越谷市に拠点を構え防水・外壁改修工事を関東一円で行なっております。
一般住宅やマンション・ビル・工場などさまざまな建物に対応しており、
大手企業さまからのご依頼のもと年間80件以上の施工を行なっております。

2 / 212

▲TOPへ